スマホ依存症 治し方

スマホ依存症とは?

現代の若者の大半はスマートフォンを所持していますし、その広がりは年配の方々にも広がっています。

 

スマホにはいろいろな機能があり、連絡手段はもちろんのことゲームをしたり動画を見たりなど、これまではパソコンでしか見ることができなかったサイトなどが見ることができ、情報収集にも欠かせないものとなっています。

 

アプリをダウンロードすることでスマホを使ってできることは無限に広がります。手のひらに収まるパソコンとも言われるものなので大変便利なのは確かです。

 

もはやパソコンを持たなくてもスマホ、もしくはタブレットがあればパソコンの代わりを果たしてくれますし、それ故に持ち運びも簡単でいつでもどこでも使用ができるのです。

 

しかしスマホにも問題点は多くあり、一番の問題はスマホに依存している方が多くいるということでしょう。

 

スマホ依存とは、ずっとスマホに触れていないと落ち着かなくなったり、FacebookやTwitter、LINEなどで誰かと繋がっていないと不安になり、スマホを手放すことができない状態のことを指します。

 

酷い状態になるとスマホでゲームやネットサーフィンばかりしていて日常生活や社会生活に悪い影響を及ぼすこともあり、使用を制限するために取り上げたりすると怒ったり暴力を振るったりすることもあります。

 

スマートフォンは持ち運びも簡単で、気軽に使用できるものだからこそ、上手な付き合い方をしていかないと自分自身にとんでもない悪影響を与えることになることを理解してください。

スマホ依存症のメカニズム

なぜスマホ依存症になってしまうのでしょうか? SNSやスマホゲームから依存症に陥ってしまうメカニズムを見ていきましょう。

 

ツイッターやFacebookなどのSNSを利用し、何かを投稿するとすぐに相手から反応が返ってきます。すぐに反応が返ってくると嬉しくなります。そして次々と投稿していくのです。

 

この嬉しいという快感は脳に刺激を与え、ドーパミンが放出されます。スマホはいつでもどこでも傍にありますので頻回に投稿することができ、そのたびにドーパミンが放出され快感を得ることでクセになってしまうのです。

 

そして、スマホで投稿したり返信をチェックしたりできなくなると、とてつもない不安に襲われてしまい、快感を得るための行動を繰り返してしまうのです。これが依存症のメカニズムなのです。

 

スマホゲームでも同じことが言えます。ゲームの中で、敵を倒すことや報酬を得たりすることでドーパミンが放出され、その快感を得るためにずっとゲームをしてしまうのです。いつも持ち歩いているスマホだからこそ場所を選ばずにできますし、一人の部屋なら周りの目を気にせずに没頭することもできます。そしてスマホ依存に陥ってしまうのです。

 

克服するには?

スマホ依存を克服する方法は、スマホを手放すしか方法はありません。自分自身にルールを作り、スマホを所持しない時間を作ることです。

 

最初はイライラしたり不安になったりしますので、できるだけ人と直接関わるような時間を作り、スマホのことが頭からなくなる時間を作ることが重要です。

 

当サイトでは、スマホ依存症を克服するさまざまな方法を掲載していますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク