スマホ依存 原因 理由

スマホに依存してしまう原因について

スマホ依存にはさまざまな原因が考えられます。その中でもまず挙げられるのが現実の人間関係からの逃避です。

 

現実世界で人とのコミュニケーションが上手くいかずにインターネットの世界にコミュニケーションを求めてしまうケースは、とくに若い世代の人に多く見られる特徴です。人と直接対面して会話をすることが苦手なので、現実世界での友人ともスマホを介してでしか上手くコミュニケーションが取れないというケースも少なくありません。

 

また、現実での友人は少なくてもオンラインゲームやSNSなどでは大勢の知人がいるケースも多いです。顔を合わせることもなく、今後も会う可能性はほとんどなく、自分が嫌だと思ったら連絡を絶つことで関係が終わるという簡単さから、ネット上の人間関係に依存してしまうこともスマホを手放せなくなる理由のひとつです。

 

もしくは、You Tubeをはじめとしたインターネット上の情報やゲームなどの話題が、学校での会話の話題となっていてそれを知っていなければコミュニケーションが成り立たなくなっていることも有り得ます。スマホという媒体がコミュニケーションの基盤になってしまっているのです。

 

コミュニケーション以外の理由としては、ゲームなどをクリアした達成感が病みつきになってしまい、その快感を味わうために延々とゲームをしてしまいスマホ依存に陥ってしまうというケースもあります。ゲームでは現実ではありえない達成感があります。脳がその快感を覚えてしまうと、それを常に求めるようになってしまうのです。

スポンサーリンク

 

スマホ依存の原因・依存する理由関連ページ

人数や割合
スマホに依存している人の割合についてまとめました。日本でのスマホ依存の人数や割合について掲載。
スマホ依存症を診断するチェックリスト!
スマホ依存症を自己診断するための情報ページです。スマホ依存症のチェックリストなども掲載しています。