スマホ依存 割合 人数

スマホに依存している人の割合

いったいスマホ依存に陥っている人はどれくらいいるのでしょうか。日本にスマホが普及するようになってしばらく経ちますが、その勢いには驚くものがあります。それだけスマホは便利なものなのです。

 

「スマホにかなり依存している」と自覚している人はスマホ利用者の7割以上という調査の結果が出ています。そしてそれは若い世代ほど依存している人が多いのです。スマホが爆発的に普及していますし、スマホ依存を自覚していない人も含めれば、その人数ははかり知れないものになります。

 

また、依存しているという自覚はしているもののやめることができないということを考えると、スマホ依存の克服が容易ではないということでしょう。

 

スマホ依存から抜け出せない理由としては、スマホを使えば情報がいくらでも入ってきますので、情報の多さに興味がつきなくなってしまうことや、LINEなどを使うことにより常に友人たちと繋がることができるので、頻繁にチェックしていなければいけないと思い込んでいる人が多いように思います。

 

話題を常に求めていると言えば聞こえはいいですが、それに縛られてしまっていてスマホを片時も手放せない状態になっています。誰かと繋がっていないと不安になり、常にスマホを手元に置いている人も多いです。

 

学生で多い傾向として、動画サイトやSNSが話題になることが多いので、毎日ネットメディアをチェックすることが習慣になっている人が増えいます。また、帰宅後はスマホで頻繁にやりとりをするため、スマホが手放せなくなり、そこからスマホ依存に陥る若い世代が多いようです。

スポンサーリンク

 

日本でのスマホ依存の人数や割合関連ページ

依存の原因
スマートフォンに依存する理由について詳しく掲載。スマホ依存の原因についてまとめました。
スマホ依存症を診断するチェックリスト!
スマホ依存症を自己診断するための情報ページです。スマホ依存症のチェックリストなども掲載しています。