歩きスマホ トラブル 当たり屋 体当たり 恐喝被害

歩きスマホに体当たりする恐喝被害について

スマホが普及した現代では歩きスマホに関するトラブルが急増しています。スマホを操作しながら歩いている人のことを“歩きスマホ”といいますが、歩きスマホを狙った当たり屋が存在することをご存知でしょうか?

 

当たり屋たちは、歩きながらスマホに熱中している人にわざと体当たりをして、ぶつかった瞬間にわざと転び「ケガをした」といい治療費や慰謝料を請求したり、もともと壊れていたものをぶつかって転んだときに壊れたなどと言ってきて修理代を請求したりします。

 

こちらも前を向いて歩いていなかったという事実がありますので、このような恐喝被害にあってもなにも言い返すことができません。

 

また、歩きスマホではありませんが、以前静岡県で障がい者の子どもが1人で街を歩いているときにわざとぶつかり、もともと壊れていた携帯電話を「ぶつかって壊れた」とその子どもの家族に弁償させるというニュースがありました。この事件は一部始終を見ていた周囲の方のおかげで子どもに非がないことが判明しました。

 

この恐喝事件は障がい者を狙ったものでしたが、歩きスマホをしていて注意力が散漫になっていますので、当たり屋にとっては最高の獲物なのです。このような当たり屋は反社会勢力と関係している場合もありますので注意が必要ですし、歩きスマホしていたという事実から警察に届けることを躊躇してしまいがちです。相手に落ち度がなければ、民事裁判に発展することも考えられます。そして周囲の方も味方のしようがありません。

 

こんな馬鹿げたトラブルに巻き込まれないためにも、歩きスマホは絶対にやめましょう。

スポンサーリンク

 

歩きスマホによるトラブル|体当たりする恐喝被害が急増関連ページ

学力低下や不登校
スマホ依存症による悪影響として学力低下や不登校が挙げられます。このページでは中学生や高校生のスマホ依存症による影響についてお伝えします。
昼夜逆転や不眠症
スマホ依存と不眠症の関係についてまとめました。スマホ依存が原因で昼夜逆転するケースや就寝前にブルーライトを浴びることの悪影響など。
自律神経の乱れや視力低下
自律神経の乱れや視力低下などスマホ依存いによる悪影響についての情報ページです。ブルーライトが自律神経や眼に悪い理由などについてもまとめてあります。
脳への影響
スマホ依存が脳にどんな悪影響を及ぼすのかご存知ですか?このページではスマホやスマホゲームに依存しているときの脳の状態などについてご紹介します。
スマホ離婚とは?
スマホ依存が離婚の原因になることがあります。このページでは嫁や夫のスマホ依存から離婚へ発展するケースについてご紹介します。
スマホネグレクトとは?
育児中のスマホ依存が子供の成長に及ぼす悪影響についてまとめました。スマホネグレクト、毒親、アダルトチルドレンについても詳しく掲載。
時間の無駄?
スマホ依存がどれだけ時間の無駄かということをわかりやすく説明しています。スマホ依存やSNS依存を克服するための前提知識を掲載。
歩きスマホの事故事例
歩きスマホによる事故事例や健康への悪影響についてまとめました。歩きスマホをすると事故が置きやすい理由など。