LINE 依存症 克服 やめたい

LINEに依存してしまう理由

スマホを使用している人の多くがLINEアプリを利用しています。LINEはチャットのような形式になっており、既読マークが付くためすぐに返信しなければいけないという固定概念が生まれてしまっている人が多いのが現実です。そこから依存症になってしまうケースも多いのです。

 

既読マークが付いているのになかなか返信がこないことに不安になったり、逆に既読であるのに返信がないと相手から文句を言われたりすることもあるようです。メールが主だった時代にも、3分以内に返信をしないと失礼という暗黙のルールがあったようですが、LINEの場合は既読マークがあるぶん、さらにやっかいになったと言えます。

 

この他にも、グループトーク機能もあるために複数の友だちと会話を楽しむこともできますが、気軽にメッセージは送れる分だけ軽薄な内容を送ってしまい友だちとうまくいかなくなったり、会話が続いていることでなかなか抜け出すことができなかったりして、ずっとLINEをしてしまい気付けは深夜ということもあります。

 

グループトークに参加していない間に悪口を言われるのではないか、次に会うときに話題についていけなくなるのではないかという不安からやめたいと思っても離れられなくなるのです。

 

LINE依存症の克服方法

克服するには自分に自信を持つしかありません。人は人、自分は自分という気持ちを持っていれば自分の知らない間に何を言われようと気にすることはなくなります。

 

LINEの返信が気になるというのは、相手を思いやる気持ちからきている面もあると思います。人を思いやる気持ちは大事ですが、なにも愚かになる必要はないのです。LINEのやり取りが、自分のペースを乱してまで行うことではないことを理解しましょう。

 

LINEを頻繁に見れないことを相手に伝える方法として、学生の場合には「親が厳しくて、夜はスマホが使えない」などと言ってしまう方法があります。それを理解しないような友だちであるようであれば、それは薄っぺらな友情でしかありません。

スポンサーリンク

 

LINE依存症の克服方法!関連ページ

脱Facebook依存
「Facebookをやめたいけどなかなかやめられない」というSNS依存症の方が増えています。このページではFacebook依存症を克服する方法をご紹介します。
脱Twitter依存
Twitterをやめたいと思っている方に向けてのSNS依存症を克服するための情報ページです。ツイッター依存症を克服する方法を掲載。
脱SNSの効果
SNSをやめたときの気分やメリットについて掲載。SNSをやめたらすっきりするかどうかやその効果についてなど。